ローレンシウム

103
Lr
該当なし
周期
7
ブロック
d
陽子
電子
中性子
103
103
159
一般特性
原子番号
103
原子量
[262]
質量数
262
カテゴリ
アクチノイド
該当なし
放射性
はい
Named after Ernest O. Lawrence, inventor of the cyclotron
結晶構造
該当なし
歴史
Lawrencium was discovered by Albert Ghiorso, Torbjørn Sikkeland, Almon Larsh and Robert M. Latimer in 1961 at the University of California, Berkeley.

It was produced by the bombardment of californium with boron atoms.

Lawrencium was the last member of the actinide series to be discovered.
電子殻
2, 8, 18, 32, 32, 8, 3
電子配置
[Rn] 5f14 7s2 7p1
Lr
Lawrencium is a trivalent ion in aqueous solution
物理特性
固体
密度
-
融点
1900 K | 1626.85 °C | 2960.33 °F
沸点
-
融解熱
該当なし
蒸発熱
該当なし
熱容量
-
地殻中における存在比
該当なし
宇宙空間における存在比
該当なし
Illustration
画像の出典: Images-of-elements
Illustration of lawrencium
CAS登録番号
22537-19-5
PubChem CID Number
該当なし
原子特性
原子半径
-
共有結合半径
-
電気陰性度
1.3 (ポーリングの値)
イオン化エネルギー
4.9 eV
モル体積
-
熱伝導率
0.1 W/㎝·K
酸化数
3
用途
Lawrencium is used for scientific research purposes only.
Lawrencium is harmful due to its radioactivity
同位体
安定同位体
-
不安定同位体
251Lr, 252Lr, 253Lr, 254Lr, 255Lr, 256Lr, 257Lr, 258Lr, 259Lr, 260Lr, 261Lr, 262Lr, 263Lr, 264Lr, 265Lr, 266Lr